Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。

Android 向けアプリ切り替え

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

OAuth 2.0 を実装すると、OAuth ベースの App Flip を設定できるようになります。これにより、Android ユーザーは、認証システムに登録されているアカウントを Google アカウントに簡単にリンクできます。以下のセクションでは、smart home アクション用に App Flip を設計して実装する方法について説明します。

設計ガイドライン

このセクションでは、App Clip アカウントのリンクの同意画面の設計要件と推奨事項について説明します。Google がアプリを呼び出すと、同意画面がユーザーに表示されます。

要件

  1. ユーザーのアカウントが Google Home や Google アシスタントなどの特定の Google サービスではなく、Google にリンクされていることを通知する必要があります。

おすすめ

次の手順を行うことをおすすめします。

  1. Google のプライバシー ポリシーを表示する。同意画面に Google のプライバシー ポリシーへのリンクを追加する。

  2. 共有するデータです。明確で簡潔な表現を使用して、Google に必要なデータとその理由をユーザーに伝えます。

  3. 行動を促す明確なフレーズ。同意画面に「同意してリンクする」などの明確な行動を促すフレーズを記載する。これは、ユーザーがアカウントをリンクするために Google と共有する必要があるデータを理解する必要があるからです。

  4. 解約が可能。ユーザーがリンクを選択しない場合、前の画面に戻る、またはキャンセルするための手段を用意します。

  5. リンクを解除する権限。ユーザーがプラットフォームのリンクを解除するためのメカニズム(プラットフォームのアカウント設定の URL など)を提供する。または、リンクされたアカウントをユーザーが管理できる Google アカウントへのリンクを追加することもできます。

  6. ユーザー アカウントを変更できる。ユーザーがアカウントを切り替える方法を提案する。これは特に、ユーザーが複数のアカウントを持っている場合に有効です。

    • アカウントを切り替えるために同意画面を閉じる必要がある場合は、復元可能なエラーを Google に送信し、OAuth リンク暗黙的フローを使用して目的のアカウントにログインできるようにします。
  7. ロゴを含める。同意画面に会社のロゴを表示する。 スタイル ガイドラインを使用して、ロゴを配置します。Google のロゴも表示する場合は、ロゴと商標をご覧ください。

この図は、同意画面の設計の際に従うべき個々の要件と推奨事項を明記した同意画面の例です。
図 1: アカウントのリンクに関する同意画面の設計ガイドライン

OAuth ベースのアプリ切り替えを設定する

以下のセクションでは、OAuth ベースのアプリ切り替えの前提条件と、アプリ切り替えプロジェクトを Actions Console で設定する方法について説明します。

スマートホーム アクションを作成して OAuth 2.0 サーバーを設定する

アプリ切り替えを設定する前に、以下を行う必要があります。

Actions Console でアプリ切り替えを設定する

次のセクションでは、Actions Console でアプリ切り替えを構成する方法を説明します。

  1. [OAuth Client information](OAuth クライアント情報)のすべてのフィールドを入力します(アプリ切り替えがサポートされていない場合は、通常の OAuth がフォールバックとして使用されます)。
  2. [Use your app for account linking (optional)](アプリをアカウントのリンクに使用する(省略可))で、[Enable for Android](Android で有効にする)をオンにします。
  3. 次の各項目を入力します。
    • [Application ID](アプリ ID)。Application ID は、アプリに設定する固有の ID です。
    • [App signature](アプリ署名)。Android アプリは、インストールする前に公開鍵証明書で署名しておく必要があります。アプリ署名の取得について詳しくは、クライアントの認証をご覧ください。
    • [Authorization intent](認証インテント)。ここには、インテントのアクションを指定する文字列を入力します。
  4. クライアントを設定したい場合は、スコープを追加し、[Configure your client (optional)](クライアントを構成する(省略可))で [Add scope](スコープを追加)をクリックします。
  5. [保存] をクリックします。

Android アプリにアプリ切り替えを実装する

アプリ切り替えを実装するには、Google からのディープリンクを許可するようにアプリのユーザー認可コードを変更する必要があります。

OAuth-based App Flip linking (App Flip) inserts your Android app into the Google Account Linking flow. A traditional account linking flow requires the user to enter their credentials in the browser. The use of App Flip defers user sign-in to your Android app, which allows you to leverage existing authorizations. If the user is signed in to your app, they don't need to re-enter their credentials to link their account. A minimal amount of code changes are required to implement App Flip on your Android app.

In this document, you learn how to modify your Android app to support App Flip.

Try the sample

The App Flip linking sample app demonstrates an App Flip-compatible account linking integration on Android. You can use this app to verify how to respond to an incoming App Flip intent from Google mobile apps.

The sample app is preconfigured to integrate with the App Flip Test Tool for Android, which you can use to verify your Android app's integration with App Flip before you configure account linking with Google. This app simulates the intent triggered by Google mobile apps when App Flip is enabled.

How it works

The following steps are required to carry out an App Flip integration:

  1. The Google app checks if your app is installed on the device using its package name.
  2. The Google app uses a package signature check to validate that the installed app is the correct app.
  3. The Google app builds an intent to start a designated activity in your app. This intent includes additional data required for linking. It also checks to see if your app supports App Flip by resolving this intent through the Android framework.
  4. Your app validates that the request is coming from the Google app. To do so, your app checks the package signature and the provided client ID.
  5. Your app requests an authorization code from your OAuth 2.0 server. At the end of this flow, it returns either an authorization code or an error to the Google app.
  6. The Google app retrieves the result and continues with account linking. If an authorization code is provided, the token exchange happens server-to-server, the same way it does in the browser-based OAuth linking flow.

Modify your Android app to support App Flip

To support App Flip, make the following code changes to your Android app:

  1. Add an <intent-filter> to your AndroidManifest.xml file with an action string that matches the value you entered in the App Flip Intent field.

    <activity android:name="AuthActivity">
      <!-- Handle the app flip intent -->
      <intent-filter>
        <action android:name="INTENT_ACTION_FROM_CONSOLE"/>
        <category android:name="android.intent.category.DEFAULT"/>
      </intent-filter>
    </activity>
    
  2. Validate the calling app's signature.

    private fun verifyFingerprint(
            expectedPackage: String,
            expectedFingerprint: String,
            algorithm: String
    ): Boolean {
    
        callingActivity?.packageName?.let {
            if (expectedPackage == it) {
                val packageInfo =
                    packageManager.getPackageInfo(it, PackageManager.GET_SIGNATURES)
                val signatures = packageInfo.signatures
                val input = ByteArrayInputStream(signatures[0].toByteArray())
    
                val certificateFactory = CertificateFactory.getInstance("X509")
                val certificate =
                    certificateFactory.generateCertificate(input) as X509Certificate
                val md = MessageDigest.getInstance(algorithm)
                val publicKey = md.digest(certificate.encoded)
                val fingerprint = publicKey.joinToString(":") { "%02X".format(it) }
    
                return (expectedFingerprint == fingerprint)
            }
        }
        return false
    }
    
  3. Extract the client ID from the intent parameters and verify that the client ID matches the expected value.

    private const val EXPECTED_CLIENT = "<client-id-from-actions-console>"
    private const val EXPECTED_PACKAGE = "<google-app-package-name>"
    private const val EXPECTED_FINGERPRINT = "<google-app-signature>"
    private const val ALGORITHM = "SHA-256"
    ...
    
    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
    
        val clientId = intent.getStringExtra("CLIENT_ID")
    
        if (clientId == EXPECTED_CLIENT &&
            verifyFingerprint(EXPECTED_PACKAGE, EXPECTED_FINGERPRINT, ALGORITHM)) {
    
            // ...authorize the user...
        }
    }
    
  4. Upon successful authorization, return the resulting authorization code back to Google.

    // Successful result
    val data = Intent().apply {
        putExtra("AUTHORIZATION_CODE", authCode)
    }
    setResult(Activity.RESULT_OK, data)
    finish()
    
  5. If an error occurred, return an error result instead.

    // Error result
    val error = Intent().apply {
        putExtra("ERROR_TYPE", 1)
        putExtra("ERROR_CODE", 1)
        putExtra("ERROR_DESCRIPTION", "Invalid Request")
    }
    setResult(-2, error)
    finish()
    

Content of the launch intent

The Android intent that launches your app includes the following fields:

  • CLIENT_ID (String): Google client_id registered under your app.
  • SCOPE (String[]): A list of scopes requested.
  • REDIRECT_URI (String): The redirect URL.

Content of the response data

The data returned to the Google app is set in your app by calling setResult(). This data includes the following:

  • AUTHORIZATION_CODE (String): The authorization code value.
  • resultCode (int): Communicates the success or failure of the process and takes one of the following values:
    • Activity.RESULT_OK: Indicates success; an authorization code is returned.
    • Activity.RESULT_CANCELLED: Signals that the user has cancelled the process. In this case, the Google app will attempt account linking using your authorization URL.
    • -2: Indicates that an error has occurred. Different types of errors are described below.
  • ERROR_TYPE (int): The type of error, which takes one of the following values:
    • 1: Recoverable error: The Google app will attempt account linking using the authorization URL.
    • 2: Unrecoverable error: The Google app aborts account linking.
    • 3: Invalid or missing request parameters.
  • ERROR_CODE (int): An integer representing the nature of the error. To see what each error code means, refer to the table of error codes.
  • ERROR_DESCRIPTION (String, optional): Human-readable status message describing the error.

A value for the AUTHORIZATION_CODE is expected when resultCode == Activity.RESULT_OK. In all other cases, the value for AUTHORIZATION_CODE needs to be empty. If resultCode == -2, then the ERROR_TYPE value is expected to be populated.

Table of error codes

The table below shows the different error codes and whether each is a recoverable or unrecoverable error:

Error code Meaning Recoverable Unrecoverable
1 INVALID_REQUEST
2 NO_INTERNET_CONNECTION
3 OFFLINE_MODE_ACTIVE
4 CONNECTION_TIMEOUT
5 INTERNAL_ERROR
6 AUTHENTICATION_SERVICE_UNAVAILABLE
8 CLIENT_VERIFICATION_FAILED
9 INVALID_CLIENT
10 INVALID_APP_ID
11 INVALID_REQUEST
12 AUTHENTICATION_SERVICE_UNKNOWN_ERROR
13 AUTHENTICATION_DENIED_BY_USER
14 CANCELLED_BY_USER
15 FAILURE_OTHER
16 USER_AUTHENTICATION_FAILED

For all error codes, you must return the error result via setResult to ensure the appropriate fallback is triggered.

デバイスでアプリ切り替えをテストする

アクションを作成し、コンソールとアプリでアプリ切り替えを設定したら、モバイル デバイスでアプリ切り替えをテストできます。Google アシスタント アプリまたは Google Home アプリを使用して、アプリ切り替えをテストできます。

アシスタント アプリからアプリ切り替えをテストする手順は次のとおりです。

  1. Actions Console に移動して、プロジェクトを選択します。
  2. 上部のナビゲーションで [Test](テスト)をクリックします。
  3. アシスタント アプリからアカウントのリンクフローをトリガーします。
    1. Google アシスタント アプリを開きます。
    2. [設定] をクリックします。
    3. [アシスタント] タブで、[スマートホーム] をクリックします。
    4. [追加(+)] をクリックします。
    5. プロバイダのリストからアクションを選択します。リストの先頭に「[test]」が付きます。リストから [test] アクションを選択する場合、アプリを開く必要があります。
    6. アプリが起動したことを確認し、承認フローのテストを開始します。

Home アプリからアプリ切り替えをテストする手順は次のとおりです。

  1. Actions Console に移動して、プロジェクトを選択します。
  2. 上部のナビゲーションで [Test](テスト)をクリックします。
  3. Home アプリからアカウントのリンクフローをトリガーします。
    1. Google Home アプリを開きます。
    2. [+] ボタンをクリックします。
    3. [デバイスのセットアップ] をクリックします。
    4. [セットアップ済みデバイスのリンク] をクリックします。
    5. プロバイダのリストからスマートホーム アクションを選択します。リストの先頭に「[test]」が付きます。リストから [test] アクションを選択する場合、アプリを開く必要があります。
    6. アプリが起動したことを確認し、承認フローのテストを開始します。