案件のリリースノート

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

2023-01-16

Silicon Labs EFR32MG24 の Matter の例を追加しました。

Silicon Labs EFR32MG24 Matter の例は、オン/オフ機能を備えた電球デバイスタイプとして機能します。

2022-12-27

Bouffalo Labs BL702 の Matter の例を追加しました。

Bouffalo Labs BL702 Matter の例は、オン / オフ機能を備えた電球デバイスタイプとして機能します。

2022-12-19

Telink TLSR9518 の Matter の例を追加しました。

Telink TLSR9518 Matter の例は、オン / オフ機能を備えた電球デバイスタイプとして機能します。

2022-12-15

Matter 1.0 に対応する Google Home エコシステム。

Matter 1.0 仕様が Google Home エコシステムでサポートされるようになりました。このサポートにより、コンソールの新しい機能とアップデートが Home Mobile SDK に追加されます。

  • サポートされている Matter デバイスタイプと Google ハブが更新されました。Google Home エコシステムで Matter を開発するには、デバイスが次の要件を満たしている必要があります。
    • connectedhomeip v1.0-branch ブランチを使用します。Google Home エコシステムとの互換性を確保するために、Matter デバイスのファームウェアでこのブランチを使用することをおすすめします。
    • Google Hub ファームウェアの最小バージョン: 1.56.324896(ハブに Chromecast ファームウェア バージョンとして表示されます)
    • Google Play 開発者サービスの最小バージョン: 22.36.15
    • Google Home アプリ(GHA)の最小バージョン: 2.58.24.1-dogfood
    • Matter(home.matter)GMSCore 最小バージョン: 223802900
    • Thread(threadnetwork)GMSCore の最小バージョン: 223615000
  • Google Home デベロッパー コンソールの更新:
    • Matter の [統合] では、統合がバージョニングされるようになりました。
    • [OTA]、[認定]、[リリース] の各タブが利用できるようになりました。
    • Matter 統合が認定され、Works with Google Home プログラムでリリースできるようになりました。
  • Home Mobile SDK の更新:

2022-11-18

プレビュー プログラム向けの Google Nest Hub(第 2 世代)ファームウェアの更新。

2022 年 11 月 21 日より、Google の一般提供(Matter)の期待に対応するため、プレビュー プログラムにオプトインした Google Nest Hub(第 2 世代)が Matter 1.0 に合わせて更新されます。リリースは数週間かけて継続されます。

アップデートを受け取った Google Nest Hub は、アップデート後にファームウェア バージョン 1.56.324896 以降である必要があります。ハブにアップデートがあったかどうかを確認するには、画面を下から上にスワイプし、[設定] > [デバイス情報] をタップして、[キャスト デバイスのファームウェア バージョン] をオンにします。

Google Nest Hub(第 2 世代)がファームウェアの更新を受け取ったら、以前に委託された Matter デバイスに対し、デベロッパーは次の操作を行う必要があります。

  1. Matter デバイスは、connectedhomeip GitHub リポジトリの v1.0-branch ブランチに対応するファームウェアに更新する必要があります。すべてのベンダーの例のビルド手順は、このバージョンの GitHub ブランチで更新されています。
  2. Matter デバイスを廃止する必要があります。

2022-10-05

Matter バージョン 1.0.3 用の Google Home サンプルアプリをリリースしました。

サンプルアプリのアップデートとバグの修正のリストについては、GitHub リリースをご覧ください。

2022-09-14

デベロッパー プレビュー リリース

Matter デベロッパー プレビューをご利用いただけるようになりました。

このリリースには、Google Play 開発者サービスの Matter API に加え、新しい Codelab、サンプル、ツールのプレビュー版が含まれています。

タイプ コンテンツ 説明
API Google Play 開発者サービスの home モジュール Matter による委託と Android プラットフォームでのデバイス共有のための Google Play 開発者サービス ホーム ライブラリの初期ベータ版。詳細については、Google Play 開発者サービスのリリースノートをご覧ください。
開発フェーズ Mobile SDK
Codelab Matter 用 Android アプリを作成する Matter がデバイスをコミッションして管理できるよう、Google Home サンプルアプリをカスタマイズする。
Codelab Matter 仮想デバイスを作成する 仮想 Matter デバイスを構築、委託、使用できます。
サンプル Matter 用 Google Home サンプルアプリ Mobile SDK を使用して、Google Home に似た Android アプリを作成します。
開発フェーズ Mobile SDK
サンプル Matter 対応のインテント ベースのコミッション Matter 準拠の QR コードが Android デバイスのカメラのビューファインダーに表示されたときに、Matter デバイスのコミッションを開始する方法。
ツール Android Studio 用 Google Home プラグイン このプラグインを使用すると、Google アシスタント シミュレータや Cloud Logging などのツールにアクセスして、スマートホーム開発プロセスを簡素化できます。
開発フェーズ Mobile SDK
ツール 仮想デバイス コントローラ Matter 仮想デバイスの視覚的な状態とコントロールを提供するデスクトップ アプリケーション。
開発フェーズ デバイス SDK

2022-07-14

限定公開ベータ版リリース

Matter 限定公開ベータ版と Google Home デベロッパー コンソールをご利用いただけます。