ご案内: 新しいデベロッパー プレビュー プログラムがまもなくリリースされます。こちらからお申し込みのうえ、新しいツールを試してフィードバックをいち早くご利用ください。

Matter を使ってみる

Google Home デベロッパー プログラムでは、デバイス メーカーがスマートホーム デバイスを Google Home エコシステムに接続できます。スマートホーム アクションのローカル フルフィルメント パスが拡張され、Google Home app (GHA) を使用してセットアップする Matter 対応デバイスを追加し、Google AssistantGHA、または Google Nest Hub (2nd gen) のようなスマートディスプレイを使用して、デバイスを制御できるようになりました。

このドキュメントでは、Matter 対応プラットフォームを構築して Google Home エコシステムに統合する方法について説明します。

免責条項

Matter のドキュメントに記載されている手順については、次の点に注意してください。

  • 開発に使用するアカウントには、テスト用の Matter 対応ハブを 1 つだけ接続することをおすすめします。テスト中に複数の Matter 対応ハブが同時に接続されたり、同じストラクチャに接続されたりすると、予期しない動作が発生する可能性があります。
  • すべての手順では、Matter サンプル(Google によってテスト済み)のビルドとフラッシュに、Ubuntu 20.04 を実行する Linux マシンを使用することを前提としています。macOS マシンもサポートされていますが、Linux が推奨されます。必要に応じて、Mac 固有の命令がプロシージャ内で呼び出されます。

スマートホーム アクションの構築方法

Google Home エコシステムと統合する Matter 対応デバイスを作成するには、Matter 互換の開発ボードと Matter SDK を使用します。

最も簡単な方法は、Codelab を学習することです。以下の Codelab のうち少なくとも 1 つを行うことをおすすめします。

その後、サポートされているデバイスのリストを確認して、統合するデバイスが Google Home エコシステムでサポートされていることを確認します。次に、デベロッパー チェックリストに目を通し、プロジェクトの作成からリリースまでの開発フロー全体を把握します。

サポートされているデバイス デベロッパー チェックリスト

定義

このドキュメント全体で使用される用語は次のとおりです。

ボーダー ルーター
Thread 対応デバイス用の汎用 Thread ボーダー ルーターを実装するハブ。
ハブ
サポートされている Google Nest デバイス(Google Nest Hub (2nd gen) など)。AssistantGHA、スマートディスプレイなどの他のサーフェスから Matter 対応デバイスを操作するには、ハブが必要です。
Matter 対応デバイス
Matter 対応のビルドまたはサンプルアプリがフラッシュされたデバイスまたは開発ボード。
モバイル デバイス
ペア設定に使用するテスト用のスマートフォン。現在、これは Android スマートフォンです。

Prerequisites

Matter での開発に推奨される IDE 拡張機能

Matter 対応デバイスを Google Home エコシステムと完全に統合するには、デベロッパーは次のものが必要です。

  1. Thread 対応の Google ハブ。Thread 対応デバイスのボーダー ルーターとして、またスマートホーム インテントをルーティングするためのローカル フルフィルメント パスとして機能します。
  2. 次の最小要件を満たすモバイル デバイス(テストスマートフォン)
    • Android O(8.1、API レベル 27 以降)
    • iOS(v16.5 以降)
    • BLE 機能
  3. Matter 対応デバイスのベンダー ID(VID)プロダクト ID(PID)
  4. Matter 対応のデバイス。このデバイスは、Google Home エコシステムで現在サポートされている Matter デバイスタイプのいずれかである必要があります。また、以下のようになります。
    • Matter 対応のファームウェアを使用している自社製品。
    • エンドツーエンドの検証で Matter 対応デバイスとして機能する、サポート対象ベンダー プラットフォームの開発ボード。サポートされているプラットフォームは次のとおりです。
表: Matter シリコン ベンダーの例
ベンダー プラットフォーム ガイド Thread のサポート
ブーファローラボ BL602 クイック スタート
BL702 クイック スタート
エスプレッシフ ESP32 クイック スタート
OTA テスト
北欧半導体 nRF52840 DK クイック スタート
OTA テスト
NXP IOTZTB-DK006 開発キット クイック スタート
Realtek Ameba D シリーズ クイック スタート
Silicon Labs EFR32MG24 開発キット クイック スタート
EFR32MG Zigbee および Thread スターター キット クイック スタート
テリンク TLSR9518 クイック スタート
テキサス・インストゥルメンツ CC2652R7 LaunchPad 開発キット クイック スタート

ベンダー ID

デフォルトでは、CSA によって割り当てられた VID のいずれかをテストに使用できます。0xFFF10xFFF20xFFF30xFFF4 のいずれかを選択します。

統合の認定とリリースに本番環境 VID を使用するには、まず Google による検証を受けて、CSA から発行されたものであることを確認する必要があります。

この VID は、デバイスのファームウェアに実装してください。

Matter デバイスは、特定のベンダー ID とデバイスタイプのシナリオにおいてのみ、Google Home エコシステム内でペア設定できます。

  • 一般ユーザー向けのデバイスではテスト VID を使用できません。
  • 本番環境の VID は Connectivity Standards Alliance (Alliance) によって発行されたものである必要があります。Google Home Developer Console で VID を使用する前に、お客様がその VID の所有者であることを確認します。その後、その VID の統合を作成できます。
  • 開発やフィールド トライアルを目的とする場合は、プロジェクトと統合を、対応する VID と PID の組み合わせで Developer Console に作成する必要があります。デバイスのコミッショニングを行うユーザーは、プロジェクトのメンバーであるか、フィールド トライアル ユーザーのリストに含まれている必要があります。
  • 一般ユーザーは、Alliance によって認定された製品のみを使用できます。
表: ベンダー ID(VID)とデバイスタイプのペア設定のシナリオ
デバイスを Google Home エコシステムにコミッショニングできるのは、どのようなユーザーですか?
VID タイプ VID の認定とコンソールの統合ステータス 本番環境
(一般ユーザー)
開発
(デベロッパー、フィールド トライアルのユーザー)
テスト Developer Console に統合されていない(認定できない)
テスト 統合が Developer Console に存在します(認定できません)
本番 認定されていません。Developer Console に統合はありません。
本番 認定されていません。統合は Developer Console に存在します。
本番 Alliance DCL で認定されており、Developer Console には統合はありません。
本番 Alliance DCL で認定され、Developer Console に統合されている

商品 ID

デバイスに関する情報は、Matter 基本情報クラスタから読み取られます。デバイスのファームウェアでエンコードされたプロダクト ID は、Play Console の Matter 統合のプロダクト ID と一致する必要があります。

サポートされていない機能

一部の Matter クラスタはまだユーザーに公開されていませんが、システムによって使用される可能性があります。ほとんどの場合、これらのクラスタを介して公開される属性はエンドユーザーに表示されません。

Table: Matter clusters not exposed to users in the Google Home ecosystem
Cluster Type Clusters
Core
  • Binding ¹
  • Label
  • Fixed Label
  • User Label
  • Actions
  • Group Key
  • Localization Configuration
  • Time Format Localization
  • Unit Localization
  • Power Source Configuration
  • Power Source
  • Diagnostics clusters (Diagnostic Logs, General Diagnostics, Software Diagnostics, Thread Network Diagnostics, Wi-Fi Network Diagnostics, Ethernet Network Diagnostics)
  • Time Synchronization
  • Mode Select
Application
  • Groups and Scenes are not directly supported. Equivalent functionality is available via Routines.
  • All Media clusters. Equivalent functionality is available via Google Cast.

1 このことが照明のオン/オフスイッチに与える影響については、ライトのオン/オフスイッチをご覧ください。