デベロッパー プロジェクトを作成する

Matter 統合を含むデベロッパー プロジェクトは Google Home Developer Console で管理されます。このページでは、Developer Console で新しいデベロッパー プロジェクトをセットアップする方法について説明します。

制限

Cloud-to-cloud または Local Home SDK 機能は、Developer Console のプロジェクトに追加できません。Matter 機能を既存の Cloud-to-cloud または Local Home 統合に追加する場合は、まず既存の Actions on Google プロジェクトをインポートする必要があります。

プロジェクトに名前を付ける

プロジェクトに名前を付けるときは、次のような名前にすることをおすすめします。

  • プロジェクトに関する基本情報を組み込む。
  • 他のプロジェクトと混同されにくくなる。
  • プロジェクト内のすべての を表すことができます。

意味のある名前は重要です。project-gamma-798 などの一般的な名前は実質的に「カモフラージュ」されるため、他の一般的な名前のプロジェクトのリストの中で目立たなくなります。

プロジェクトに名前を付ける際は、次のガイダンスを考慮してください。

  • 会社名を使用する
  • 名前にプロジェクトまたはアクションのタイプを使用する
  • プロジェクト名に「test」を使用しない

たとえば、acme-smarthomeacme-lighting は明確で一意のプロジェクト名です。

プロジェクトを作成する

デベロッパー プロジェクトは、1 つ以上の を表します。開発チームのメンバーとプロジェクトを共有することで、オーナーは他のユーザーがプロジェクト内のすべての を管理できるようにできます。

Google スマートホーム エコシステム は、新しい Developer Console を使用して管理されます。Developer Console でプロジェクトを設定するには、次の 2 つの方法があります。

  1. 新しいプロジェクトを作成します
  2. Actions on Google コンソールから既存のプロジェクトをインポートする

テストと本番環境の両方で、すべての Matter 統合に対してプロジェクトを 1 つだけ作成することをおすすめします。これは特に、Matter のテストベンダー ID とプロダクト ID を使用してテストする際の問題を回避するためです。

方法 1: 新しいプロジェクトを作成する

Developer Console に移動します。

デベロッパー コンソールに移動

  1. [プロジェクトの管理] ページで、[プロジェクトを作成] をクリックします。
  2. [開始] ページで、[プロジェクトを作成] をクリックします。
  3. プロジェクトの名前を入力します。この名前はプロジェクトの命名ガイドラインに準拠している必要があります。
  4. [新しいプロジェクトを作成] をクリックします。

新しいプロジェクトの [ホーム] ページにリダイレクトされます。

方法 2: Actions on Google コンソールから既存のプロジェクトをインポートする

既存の Cloud-to-cloud または Local Home 統合に Matter サポートを追加する必要がある場合は、既存の Actions on Google プロジェクトを新しい Developer Console にインポートできます。

このメソッドには以下の制限が適用されます。

  • このインポートは一方向のみです。元に戻すことはできません。
  • 既存の Actions on Google プロジェクトをインポートできるのは、プロジェクト オーナーのみです。オーナーはプロジェクトを作成したユーザーで、[メンバー] リンクを使用して表示できます。
  • インポートされたプロジェクトの会社プロファイルは、Actions on Google コンソールでのみ編集できます。変更内容は Google Home デベロッパー コンソールに反映されます。

インポート後も、元の Actions on Google プロジェクトを使用して既存の統合(Cloud-to-cloudLocal HomeApp Discovery など)を管理できます。

Actions on Google Console から既存のプロジェクトをインポートするには、Developer Console に移動します。

デベロッパー コンソールに移動

  1. [プロジェクトを作成] をクリックします。
  2. 既存の Actions プロジェクトの名前を入力するか、プルダウン リストからプロジェクトを選択します(たとえば、次のスクリーンショットではプロジェクト名は「My Matter project」です)。
  3. [プロジェクトをインポート] をクリックします。

Developer Console の既存のプロジェクトの詳細にリダイレクトされます。

Google Home Developer Center スタートガイド

ログレベルを設定する

デフォルトでは、プロジェクト内の統合ごとにエラーログのみが Google Cloud に保存されます。

統合ごとにすべてのログを Google Cloud に保存するには、[ログレベルのコントロール: エラーログ] セクションで [すべてのログ] を選択します。

Google Home Developer Center のプロジェクトのログレベル

この設定は、プロジェクト内のすべての統合に適用されます。統合ごとに設定することはできません。すべてのログを Google Cloud に保存すると、ログのストレージ容量を超過した場合に、追加費用が発生する可能性があります。

ログの詳細については、Matter 向け Cloud Logging をご覧ください。

デベロッパー プロジェクトを共有する

事前定義ロールを使用して、チームのユーザーのプロジェクトへのアクセス権を追加または削除できます。

  1. Developer Console の [ホーム] ページで [メンバー] をクリックします。これにより、Google Cloud Console の [IAM と管理] > [IAM] ページに移動します。

    または、[プロジェクトの詳細] をクリックし、下部の [メンバー] セクションの [GCP でメンバーを管理] をクリックします。

  2. 必要に応じて、Google Cloud Console ダッシュボードで変更を加えます。

プロジェクトへのアクセス権を変更する方法については、IAM を使用したプロジェクトのアクセス制御をご覧ください。

ユーザーのリストに追加されたユーザーは、Developer Console でプロジェクトと統合を表示できます。

組織設定によっては、デベロッパー プロジェクトを作成しようとすると、権限エラーが発生することがあります。その場合は、Google Cloud 管理者に連絡し、アカウントのプロジェクト作成者権限をリクエストしてください。