案件との統合を作成する

新しい Matter 統合を作成するには、デベロッパー プロジェクトを作成するの説明に沿って、まずプロジェクトを用意する必要があります。プロジェクトを設定したら、Google Home Developer Console に移動します。

Play Console に移動

  1. プロジェクトのリストで、作業するプロジェクトの横にある [開く] をクリックします。

  2. [ Matter との統合を追加] をクリックします。

    Matter 統合を初めて作成する場合は、[Matter リソース] ページが表示され、そこで Matter の開発ドキュメントやツールを確認できます。

    続行する準備ができたら、[Next: Develop] をクリックして、[Matter Checklist] ページを開きます。[次へ: 設定] をクリックします。

    Matter 統合を初めて作成するのではない場合は、[設定] ページが表示されます。

  3. [設定] ページで [プロダクト名] を入力します。

  4. [デバイスタイプを選択] をクリックし、プルダウン メニューからデバイスタイプを選択します。

  5. [Configuration] ページで、ベンダー ID を入力します。

    Matter 統合構成ダイアログ

    デフォルトでは、CSA によって割り当てられた VID のいずれかをテスト目的で使用できます。0xFFF10xFFF20xFFF30xFFF4 のいずれかを選択します。

    統合の認定とリリースに本番環境 VID を使用するには、まず Google による検証を受けて、CSA から発行されたものであることを確認する必要があります。

    この VID は、デバイスのファームウェアに実装してください。

  6. 提出して適格性確認を受けるには、Connectivity Standards Alliance (Alliance) 発行のベンダー ID(認定用)を選択します。確認プロセスの詳細については、 ベンダー ID を検証するをご覧ください。

  7. プロダクト ID を追加します。

    デバイスに関する情報は、Matter 基本情報クラスタから読み取られます。デバイスのファームウェアでエンコードされたプロダクト ID は、Play Console の Matter 統合のプロダクト ID と一致する必要があります。

  8. [保存して次へ] をクリックして、Matter 統合構成を保存します。

トラブルシューティング

デバイスの認証情報を確認する

独自の Alliance によって割り当てられた VID を使用する場合は、デバイスに正しい認証情報があることを確認してください。

  • 認証宣言(CD)。
  • デバイス認証証明書(DAC)とその証明書チェーン。

詳細については、 Matter デバイステスト証明書を作成するをご覧ください。

最新の変更履歴

ドキュメント更新日: 2023 年 7 月 17 日

新しい VID の確認手順を追加しました。