Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。

Cloud-to-Cloud を使ってみる

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
この画像は、家の中のさまざまなスマート デバイスが接続されているスマートホームを表しています。

Google スマートホーム プラットフォームでは、スマート スピーカー、スマートフォン、自動車、テレビ、ヘッドフォン、スマートウォッチなどの 10 億以上のデバイスで利用可能な Google Home アプリGoogle アシスタントを介して、市販のコネクテッド デバイスを操作できます。

スマートホーム アクションを構築する理由

ユーザー エンゲージメントを深め、デバイスの販売数を伸ばすことができます。また、ブランド価値の向上にもつながります。

  • ユーザー エンゲージメントを深める - 10 億人以上のアシスタント デバイスを利用しているユーザーにリーチし、見つけやすさを改善して、設定上の摩擦を取り除きます。
  • 売り上げの拡大 - Google 検索で商品を目立たせて、店舗や設置業者のチャネル全体での掲載を増やします。
  • ブランド価値を高める - スマートホームを大切にする。ブランドの価値を高めることができます。

スマートホーム アクションの構築方法

デバイスを Google アシスタントに接続するには、スマートホーム アクションを作成する必要があります。アシスタントは、ユーザーがアクションをトリガーする方法を(複数の言語で)処理し、ホームグラフを通じて有益なメタデータ(ユーザーの部屋に基づく特定のデバイスの状態など)を提供します。フルフィルメント サービスを通じてリクエストに応答するだけです。

最も簡単な方法は、Codelab を調べることです。両方の Codelab で、開発プロセスの一部を順を追って説明することをおすすめします。

その後、サポートされているデバイスの一覧を確認して、統合する予定のデバイスが Google Home エコシステムでサポートされていることを確認します。次に、デベロッパー チェックリストに目を通し、プロジェクトの作成からリリースまでの開発フロー全体を理解します。

サポートされているデバイス デベロッパー チェックリスト

定義

このドキュメントでは、次の用語を使用しています。

認証
ユーザーの Google アカウントと認証システムのユーザー アカウントをリンクします。
デバイス トレイト
デバイス トレイトは、デバイスタイプの機能を定義します。
デバイスの種類
Google アシスタントを使って、デバイスで使用する文法を認識させます。
フルフィルメント
スマートホーム インテントを処理し、対応するアクションを実行するサービス。
Google スマートホーム
スマートホーム アクションを作成して、Google アシスタントの機能を拡張してコネクテッド デバイスを操作できるプラットフォームです。
ホームグラフ
家庭とそのデバイスに関するコンテキスト データを格納して提供するデータベース。
スマートホーム インテント
スマートホームのアクション(ライトをオンにする、スピーカーに音声をキャストするなど)を行う方法を説明するシンプルなメッセージ オブジェクト。