Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。

アプリの調査とディープリンク

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Home アプリは、スマート デバイスを Google アシスタントに接続し、ホームグラフ内のストラクチャや部屋に割り当てる主な方法です。通常、スマートホーム デバイスをセットアップするためには、複数の画面を順番に移動し、利用可能なオプションの中からスマートホーム アクションを選択します。しかし、ユーザーがもっと簡単にセットアップできるようにすれば、オンボーディングがより迅速になり、セットアップに関するユーザーの不満も軽減できます。

Google スマートホーム プラットフォームには、スマートホーム デバイスのユーザー オンボーディングを合理化するための便利な機能が用意されています。これらの機能を使用してセットアップ フローを簡単にすることで、ユーザーがよりスムーズにスマートホーム デバイスを使い始められるようになります。これらの機能は、コードをほとんど(あるいはまったく)記述しなくても、スマートホーム アクションに簡単に統合できます。

ユーザーは、Google アシスタント用にスマート デバイスをセットアップする際に、以下のプラットフォーム機能を実装できます。

  • App Discovery: この機能を使用すると、アクションにリンクした候補ワードを Google Home アプリに表示できます。ユーザーが候補ワードをクリックすると、サードパーティのプロバイダ アカウントを使用して、スマートホーム デバイスを Google アシスタントに接続できます。
  • ディープリンク: この機能を使用してアプリや製品サイトにディープリンクを埋め込むと、ユーザーがスマートホーム デバイスと Google アシスタントを簡単に接続できるようになります。ユーザーがディープリンクをクリックすると、アカウントのリンクと部屋の割り当てを設定するためのフローが始まります(Home アプリがまだインストールされていない場合はダウンロードを促します)。

App Discovery を実装する

ブランド確認プロセスが完了していれば、Actions Console から App Discovery 機能を有効にできます。コード変更は必要ありませんが、スマートホーム アクションが審査済みで、すでに本番環境で稼働している必要があります。

Actions Console にログインします。

Actions on Google コンソールに移動

  1. スマートホーム アクション プロジェクトを開きます。
  2. [Deploy](デプロイ)> [Brand Verification](ブランドの確認)をクリックします。
  3. 会社のウェブサイトを Actions プロジェクトに関連付ける手順は次のとおりです。
    1. [Websites](ウェブサイト)パネルで、[Connect site](サイトを接続)をクリックします。
    2. 接続したいウェブサイトの URL を入力して、[Connect](接続)をクリックします。 Google からウェブサイトの所有者に、ウェブサイトの関連付けを確認するメールが送信されます。
  4. [Android apps](Android アプリ)パネルで [Connect app](アプリを接続)ボタンをクリックし、表示される手順に従います。

  5. 同じパネルで、接続したアプリの [Enable app discovery](App Discovery を有効にする)をオンにします。このオプションは、アクションが審査を経て承認されるまではグレー表示になっています。

Google Home へのディープリンクを設定する

ディープリンクを使用すると、Android または iOS アプリから Google Home アプリ内の特定のデスティネーションにユーザーを誘導することができ、Google アシスタントによるデバイスのセットアップ プロセスを簡素化できます。

Home アプリへのディープリンクの構文は次のとおりです。

https://madeby.google.com/home-app/?deeplink=destination

現在のところ、Android アプリおよび iOS アプリから直接移動できる Google Home アプリ内のリンク先は次のとおりです。

宛先 説明
setup/ha_linking?agent_id=agent-id 指定したスマートホーム アクションの agent-idOAuth アカウントのリンクフロー

リンク先パスは、ディープリンクに適用する前に、適切に URL エンコードする必要があります。例:

https://madeby.google.com/home-app/?deeplink=setup%2Fha_linking%3Fagent_id%3Dagent-id

アプリ内からディープリンクをトリガーする方法の詳細については、関連する Android のドキュメントiOS のドキュメントをご覧ください。