Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。

アプリの調査とディープリンク

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ユーザーがスマート デバイスを Google Assistant に接続し、Google Home Graph でストラクチャや会議室に割り当てるには、主に Google Home app (GHA) を使用します。 設定を行う場合、通常は複数の画面をクリックして、利用可能なオプションのリストから smart home アクションを見つけます。ユーザーが設定プロセスを簡単に開始できるようにすることで、ユーザーのオンボーディングを迅速化し、ユーザーの設定に関するストレスを軽減できます。

smart home デバイスでのユーザー オンボーディングを効率化するため、Google smart home プラットフォームには、ユーザーが設定フローにすばやくアクセスして smart home デバイスの使用を簡単に開始できる便利な機能がいくつか用意されています。これらの機能は、コーディング作業をほとんど行うことなく、smart home アクションに簡単に統合できます。

次のリストは、ユーザーが Assistant でスマート デバイスをセットアップする際に実装するユーザーの負担を減らすことができるプラットフォーム機能をまとめたものです。

  • App Discovery: この機能を使用すると、GHA でアクションにリンクする候補チップを確認できます。このチップをクリックすると、サードパーティのプロバイダ アカウントを使用して smart home デバイスを Assistant に接続できます。
  • ディープリンク: この機能を使用すると、ディープリンクをアプリまたは製品のウェブサイトに埋め込んで、ユーザーがsmart homeデバイスをAssistantに簡単に接続できるようにします。リンクをクリックすると、GHA(まだインストールされていない場合)をダウンロードするように求められ、アカウントのリンクと会議室の割り当ての設定フローが起動します。

App Discovery を実装する

ブランドの確認プロセスを完了した後、Actions on Google Console から App Discovery 機能を有効にできます。コードを変更する必要はありませんが、smart home アクションはすでに本番環境で実行されている必要があります。

Actions Console にログインします。

Actions on Google コンソールに移動

  1. smart home アクション プロジェクトを開きます。
  2. [Deploy](デプロイ)> [Brand Verification](ブランドの確認)をクリックします。
  3. 次の手順に沿って、会社のウェブサイトを Actions プロジェクトに接続します。
    1. [Websites](ウェブサイト)パネルで、[Connect site](サイトを接続)をクリックします。
    2. 接続したいウェブサイトの URL を入力して、[Connect](接続)をクリックします。 Google からウェブサイトの所有者に、ウェブサイトの関連付けを確認するメールが送信されます。
  4. [Android apps](Android アプリ)パネルで [Connect app](アプリを接続)ボタンをクリックし、表示される手順に従います。

  5. 同じパネルで、接続したアプリで [アプリの検出を有効にする] オプションをオンにします。このオプションは、アクションが審査されて承認されるまでグレー表示されます。

Google Home へのディープリンクを設定する

ディープリンクを使用すると、Android または iOS アプリから GHA 内の特定のデスティネーションにユーザーを直接誘導し、Assistant によるデバイスのセットアップ プロセスを簡素化できます。

GHA ディープリンクの構文は次のとおりです。

https://madeby.google.com/home-app/?deeplink=destination

現在、Android または iOS アプリは GHA 内の次のデスティネーションにリンクできます。

宛先 説明
setup/ha_linking?agent_id=agent-id 指定された smart home アクションの agent-id に対して、OAuth アカウントのリンクフローを開始します。

宛先パスをディープリンクに適用するには、事前に URL エンコードする必要があります。例:

https://madeby.google.com/home-app/?deeplink=setup%2Fha_linking%3Fagent_id%3Dagent-id

アプリ内からディープリンクをトリガーする方法の詳細については、関連する Android のドキュメントiOS のドキュメントをご覧ください。