Matter 用 Google Home サンプルアプリ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Matter 対応 Google Home サンプルアプリ

Google Home Sample App for MatterGoogle Home Mobile SDK を使用して、Google Home app (GHA) に似た Android アプリを作成します。このサンプルアプリは、次の機能を提供します。

  • 物理デバイスと仮想 Matter デバイスをローカルの Android ファブリックにコミッションする
  • 物理デバイスと仮想デバイスを開発ファブリックに委託する
  • 開発用ファブリック上のデバイスを操作する(照明をオンにするなど)
  • マルチ管理者機能を使用すると、開発ファブリックのデバイスを他のアプリと共有でき、逆に、他のアプリから共有された開発ファブリック デバイスを含めることができます。
  • デベロッパー ユーティリティ

このガイドでは、Sample App for Matter APK をインストールして、Matter デバイスのコミッション、制御、共有に使用する方法について説明します。

ソースコードをダウンロードするには、Mobile SDK を統合し、Android Studio で画面をカスタマイズする方法をご確認ください。Sample App for Matter Codelab をお試しください。

Sample App for Matter Codelab に移動

Prerequisites

Sample App for Matter でデバイスをコミッションして制御するために、ハブ(Google Nest Hub (2nd gen) など)は必要ありません。

インストール

  1. Sample App for Matter GitHub リポジトリの [リリース] セクションに移動します。GHSAFM-1.2.2-default-debug.apk という名前の APK を見つけます。targetcommissioner は選択しないでください。

    APK をダウンロード

  2. Android Debug Bridge(adb)をインストールします。

    adb をインストールする

  3. Android デバイスを USB で接続して File Transfer を有効にし、APK をインストールします。

    $ adb unroot && adb install GHSAFM-1.2.2-default-debug.apk
    

コミッション デバイス

サンプルアプリを初めて起動すると、Sample App for Matter Codelab へのリンクが記載されたダイアログが表示されます。[今後このメッセージを表示しない] を選択した場合、アプリの管理セクションで設定を変更して、いつでもダイアログに戻すことができます。

次のステップでは、Matter デバイスをローカル Android ファブリックとともに、サンプルアプリ専用のローカル ファブリックに追加します。

Matter ファブリックとは

Matter 対応 Google Home サンプルアプリ

ファブリックは、ホーム ネットワーク内のデバイス間で共有される信頼ドメインであり、デバイスが相互に通信できるようにします。

デバイスは、相互に連携するプラットフォーム、アプリ、デバイスのグループに対応する 1 つ以上のファブリックを持つことができます。ファブリックには一意の ID があり、デバイスは同じ認証情報セットと認証局CA)を共有します。これらの認証情報は、Matter の手数料中に割り当てられます。

Matter デバイスをコミッションする手順は次のとおりです。

  1. [ デバイスを追加] ボタンをタップしてコミッション プロセスを開始します。

    デバイスを追加

  2. 次に、制御が Google Play services に転送され、Mobile SDK の呼び出しから起動されます。本人確認を行うには、QR コードをスキャンするか、[ペア設定コードを使用] をタップします。

    QR コードをスキャン

  3. コミッションが完了したら、デバイス名を入力して、[完了] をタップします。

これで、デバイスがローカル Android ファブリックと開発ファブリックに接続されました。

デバイスをプロビジョニングするときに、すべての調査作業と関連画面は Play services 処理します。これにより、一貫したユーザー エクスペリエンスが実現し、Wi-Fi や Thread 認証情報などの機密性の高い権限を処理する必要がなくなります。

デバイスを操作する

開発ファブリックは、サンプルアプリから直接 Matter デバイスを制御するための認証情報を作成します。

ホーム画面でデバイスのオンオフを切り替えることができます。デバイスの詳細にアクセスするには、デバイスをタップします。

デバイスを追加しました

デバイスを共有する

デバイスの共有は、Matter の仕様ではマルチ管理フローと呼ばれます。デバイスがサンプルアプリに commit されると、他のエコシステムと簡単に共有できます。

Matter デバイスを他のエコシステムと共有するには、Android デバイスに別のプラットフォームをインストールする必要があります。この外部プラットフォームがターゲット コミッショナーになります。ターゲットのコミッショナーとして使用できるサンプルアプリの別のインスタンスを作成しました。

  1. Sample App for Matter GitHub リポジトリの [リリース] セクションに移動します。GHSAFM-[version]-targetcommissioner という名前の最新の APK を見つけます(例: GHSAFM-1.2.2-targetcommissioner-debug.apk)。

    対象コミッショナーをダウンロードする

  2. 移行先のコミッショナーをインストールします。

    $ adb unroot && adb install GHSAFM-1.0.1-targetcommissioner-debug.apk
    
  3. ホーム画面でデバイスをタップして、デバイス情報を表示します。[共有] をタップします。

    デバイスの共有

サンプルアプリが Mobile SDK Share API を呼び出し、再度 Play services にコントロールが転送されます。

共有シートが表示され、デバイスのペア設定先となるアプリまたはプラットフォームを選択できます。この画面では、次の 2 つの方法でデバイスを共有できます。

  1. 移行先のコミッショナー アプリと共有する設定コードを手動で入力する
  2. Matter コミッショナーとして登録されているローカル Android アプリを使用する場合

移行先のコミッショナー アプリには GHSAFM-TC というラベルが付いています。サンプルアプリのこのインスタンスをタップして、デバイスを共有します。

次に、外部アプリ(ターゲット コミッショナー)が独自のファブリックへのデバイスのコミッションを完了します。

設定

ホーム画面で、設定アイコン をクリックします。ここで、ユーザー設定の更新、ヘルプの表示、アプリの詳細の確認を行うことができます。

設定

デベロッパー ユーティリティ

設定画面から [デベロッパー ユーティリティ] にアクセスすることもできます。

Logcat でデバイスとユーザーの設定の DataStore リポジトリの内容を確認するには、次の手順を行います。

  1. [Log repositories content] をクリックします。

  2. ダイアログの [OK] をクリックし、[Logcat] をオンにします。

フィードバックやご質問

Sample App for Matter での開発環境の改善に関するご意見やフィードバックがございましたら、フィードバック フォームでお寄せください。

フィードバックをお寄せください

Sample App for Matter に問題がある場合は、環境を確認する手順は次のとおりです。

サンプルアプリの使用についてご不明な点がある場合や、コードのバグを発見した場合は、GitHub リポジトリで Issue Tracker に問題を報告できます。

技術的な質問について Google からの公式ガイダンスを入手するには、スマートホーム デベロッパー フォーラムを使用してください。

コミュニティからテクニカル サポートを利用するには、Stack Overflow の google-smart-home タグを使用します。