Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

スマートホームの InputSelector トレイトのスキーマ

action.devices.traits.InputSelector - このトレイトは、入力を切り替えられるデバイスに使用します。

メディア入力には、音声フィードや動画フィードを表すデバイスごとに動的な名前を付けることができます。これらのフィードは有線接続でもネットワークでもかまいませんが、適度な名前にする必要があります。このトレイトは、検索可能なネットワーク ライブラリなど、任意のエフェメラル フィードをサポートしません。ペア設定された名前付きの Bluetooth ソースがサポートされます。ソースに複数の名前がある場合は、デフォルトの名前だけでなく、ユーザーが作成した名前や検出された名前もサポートされています。たとえば、「hdmi_1」は「DVD プレーヤー」でも、「usb_1」も「ハードドライブ」である可能性があります。

メディア入力は、「次へ」と「前」のコマンドをサポートするために並べることができます。

TogglesModes と同様に、入力の名前はすべての利用可能な言語で指定する必要があります。これは、特にデフォルト名に関連するものです。

デバイスの属性

この特性を持つデバイスは、SYNC オペレーションの一部として次の属性を報告する可能性があります。SYNC インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

属性 タイプ 説明
availableInputs 配列

必須。

入力音声フィードまたは動画フィードを表すオブジェクトのリスト。フィードには、有線接続とネットワーク対応があります。各フィードには名前を付けて、妥当な一貫性を持たせる必要があります。望ましくない(過度な)トリガーを避けるために、類義語を慎重に定義してください。

[item, ...] オブジェクト

使用可能な入力。

key 文字列

必須。

入力の一意のキー。鍵は音声やレスポンスでユーザーに公開しないでください。

names 配列

必須。

使用可能なすべての言語の入力名のリスト。

[item, ...] オブジェクト

任意の言語の入力。

lang 文字列

必須。

言語コード。

name_synonym 配列

必須。

任意の言語で、入力しやすい名前。最初の類義語は、ユーザーからの Google アシスタントの応答で使用されます。

[item, ...] 文字列

入力名。

commandOnlyInputSelector ブール値

(デフォルト: false

デバイスが一方向(True)または双方向(False)の通信をサポートしているかどうかを示します。デバイスがこのトレイトの QUERY インテントまたは Report State に応答できない場合は、この属性を true に設定します。

orderedInputs ブール値

(デフォルト: false

出力のリストが順序付けされている場合は true。これは、「次」と「前」の機能を使用できることも示しています。

順序付けされた 2 つの入力を備えたデバイス。

{
  "availableInputs": [
    {
      "key": "hdmi_1",
      "names": [
        {
          "lang": "en",
          "name_synonym": [
            "hdmi 1",
            "1st hdmi",
            "DVD player"
          ]
        },
        {
          "lang": "de",
          "name_synonym": [
            "hdmi 1",
            "zuerst hdmi",
            "DVD Spieler"
          ]
        }
      ]
    },
    {
      "key": "usb_1",
      "names": [
        {
          "lang": "en",
          "name_synonym": [
            "usb 1",
            "first usb",
            "Hard drive"
          ]
        },
        {
          "lang": "de",
          "name_synonym": [
            "usb 1",
            "zuerst usb",
            "Festplatte"
          ]
        }
      ]
    }
  ],
  "orderedInputs": true
}

デバイスのステータス

この特性を持つデバイスは、QUERY オペレーションの一部として次の状態をレポートできます。QUERY インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

状態 タイプ 説明
currentInput 文字列

必須。

現在使用されている入力のキー。

現在 HDMI 入力が選択されているデバイス。

{
  "currentInput": "hdmi_1"
}

デバイスのコマンド

この特性を持つデバイスは、EXECUTE オペレーションの一部として次のコマンドに応答できます。EXECUTE インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

action.devices.commands.SetInput

メディア入力を設定します。

パラメータ

パラメータ タイプ 説明
newInput 文字列

必須。

新しい入力のキー。

USB 入力を選択する

{
  "command": "action.devices.commands.SetInput",
  "params": {
    "newInput": "usb_1"
  }
}

action.devices.commands.NextInput

次の入力を選択します。orderedInputs 属性が true に設定されている場合にのみ適用可能です。

このコマンドには次の属性が必要です。
{
  "orderedInputs": true
}

パラメータ

パラメータ タイプ 説明

プロパティがありません

パラメータなし

{
  "command": "action.devices.commands.NextInput",
  "params": {}
}

action.devices.commands.PreviousInput

前の入力を選択します。orderedInputs 属性が true に設定されている場合にのみ適用可能です。

このコマンドには次の属性が必要です。
{
  "orderedInputs": true
}

パラメータ

パラメータ タイプ 説明

プロパティがありません

パラメータなし

{
  "command": "action.devices.commands.PreviousInput",
  "params": {}
}

サンプル音声

de-DE

  • Ändere den Eingangskanal auf AUX .

en-US

  • change input mode to HDMI 1

es-ES

  • cambia a hdmi 1

fr-FR

  • Activation du mode HDMI1 .
  • Mets la télé sur HDMI 1 .

hi-IN

  • टीवी की इनपुट HDMI 1 में स्विच करो

it-IT

  • metti ingresso aux sulla tv

ja-JP

  • テレビ HDMI1 にして

ko-KR

  • TV HDMI 1 로 바꿔 줘

nl-NL

  • zet de TV op bluetooth

pt-BR

  • Muda a entrada da TV para HDMI2 .
  • mudar a entrada para AUX

sv-SE

  • Sätt på hdmi 1

デバイスエラー

エラーと例外のリストをご覧ください。

unsupportedInput: 入力は現在サポートされていません。