案件開発

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google は、独自のスマートホーム ハードウェアの構築から、Matter 機能の Android アプリへの組み込みまで、Matter ツールを迅速に開始するための SDK、ツール、サンプルアプリを提供しています。

これらのリソースは、デベロッパーがインフラストラクチャへの対応に費やす労力を減らしながら、能力開発に集中できるようにするためのものです。

Matter でスマートホーム ハードウェアを開発する

Google Home Device SDK は、オープンソースの Matter SDK を拡張する API とツールを提供し、Google のインテリジェンスを使った迅速な構築とイノベーションを実現します。

Matter 仮想デバイス

開発フェーズ

Device SDK を使用すると、デベロッパーは仮想設定で Matter デバイスをテストすることで、すぐに開発を始めることができます。仮想 Matter デバイスは、SDK を使用してビルドされ、ファブリック上に委託され、物理デバイスと同じ方法で制御できます(Google Assistant コマンドの実行を含む)。

仮想デバイス コントローラは、仮想デバイスと物理デバイスの両方を制御するMatterイニシエータ アプリです。Matter開発フェーズで、新しいアイデアを試し、デバイスをテストするための有用なツールです。

VS Code 用 Google Home 拡張機能

開発フェーズ

Google Home Extension for Visual Studio Code を使用すると、Google Home のクラウドを直接操作できます。たとえば、「電球をオンにして」などのコマンドを入力すると、Assistant がクラウドでリクエストを処理し、そのコマンドをデバイスに送信します。

この拡張機能は、開発フェーズで次の目的で使用します。

  • Google Home に統合されている Matter デバイスと非 Matter デバイスの両方をテストします。

  • クラウドログをリアルタイムで表示して、両方向の通信すべてを確認することで問題を特定します。重要度と期間でフィルタします。

  • ログ メッセージの JSON コンテンツを検査します。

  • スクリプト形式の Assistant コマンドを発行すると、繰り返し可能な方法で迅速にテストを行うことができます。

Google Home テストスイート

テストフェーズ

Google Home Developer ConsoleGoogle Home Test Suite を使用して、スマートホームの統合をテストし、Google Home エコシステムの認証とリリースの要件を満たしていることを確認します。

Matter 機能を Android アプリに統合する

Google Home Mobile SDK を使用して、最適な Android Matter アプリをビルドします。

Google Play 開発者サービス Matter API

開発フェーズ

Google Play services は、コミッション、デバイス共有、運用調査用の Matter API を提供します。

Android Studio 用 Google Home プラグイン

開発フェーズ

Google Home Plugin for Android Studio は、開発用ツールとして不可欠なもので、エディタに Assistant のコマンドを直接入力して、Matter アプリケーションとデバイスとのやり取りを監視できます。

また、IDE では Cloud ログをリアルタイムで確認でき、統合を効率的にデバッグできます。

Matter 対応 Google Home サンプルアプリ

開発フェーズ

Google Home Sample App for Matter は、MatterPlay services API を使用して、アプリとエコシステム間で Matter デバイスを簡単にコミッションし、共有できるようにするアプリをビルドする方法の具体的な例を提供します。