Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

スマートホームの SoftwareUpdate トレイトのスキーマ

action.devices.traits.SoftwareUpdate - このトレイトは、ルーターなどのソフトウェア アップデートをサポートするデバイスに使用します。オプションで、これらのデバイスからアップデートが最後に成功した日時を取得できる場合があります。

デバイスの属性

なし

デバイスのステータス

この特性を持つデバイスは、QUERY オペレーションの一部として次の状態をレポートできます。QUERY インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

状態 タイプ 説明
lastSoftwareUpdateUnixTimestampSec Integer

必須。

最後に成功したソフトウェア アップデートの Unix タイムスタンプ(Unix エポックからの経過秒数)。Unix エポックは UTC 時刻の 1970 年 1 月 1 日、00:00:00 です。

デバイスが最後に更新されたのはいつですか?(2000/1/1)

{
  "lastSoftwareUpdateUnixTimestampSec": 946652400
}

デバイスのコマンド

この特性を持つデバイスは、EXECUTE オペレーションの一部として次のコマンドに応答できます。EXECUTE インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

action.devices.commands.SoftwareUpdate

デバイスを更新します。

パラメータ

パラメータ タイプ 説明

プロパティがありません

デバイスのソフトウェアを更新する。

{
  "command": "action.devices.commands.SoftwareUpdate",
  "params": {}
}

デバイスエラー

エラーと例外のリストをご覧ください。