Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

スマートホームの MediaState トレイトのスキーマ

action.devices.traits.MediaState - このトレイトは、メディアの状態を報告できるデバイスに使用します。

MediaState トレイトは次の目的でアシスタントによって使用されます。

  • 再生が各デバイスで行われているかどうかは、アシスタントが再生を開始したかどうかを示します。この情報は、アシスタントがユーザーのインテントを詳細に把握するのに役立ちます。 たとえば、ユーザーが実際のインテントを「現在夜間に番組を再生しているデバイスを一時停止して」となっている場合、「今夜の番組を一時停止して」と言います。
  • メディア プレーヤー間のポータビリティについて、アシスタントが再生中のコンテンツとその現在の再生位置を認識している場合、ユーザーが別の部屋に移動したときに、その再生を別のデバイスに転送したり、後で任意のデバイスで再生するために保存したりできます。

このトレイトの属性を構成することで、ソリューションが提供するメディア状態のレベルとアスペクトを指定できます。このトレイトは通常、TransportControl トレイトとともに使用されます。

デバイスの属性

この特性を持つデバイスは、SYNC オペレーションの一部として次の属性を報告する可能性があります。SYNC インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

属性 タイプ 説明
supportActivityState ブール値

(デフォルト: false

デバイスがアクティビティの状態を報告できるかどうかを示します。

supportPlaybackState ブール値

(デフォルト: false

デバイスが現在の再生状態を報告できるかどうかを示します。

SYNC レスポンスのアクティビティと再生状態の両方をレポートするメディア デバイス

{
  "supportActivityState": true,
  "supportPlaybackState": true
}

デバイスのステータス

この特性を持つデバイスは、QUERY オペレーションの一部として次の状態をレポートできます。QUERY インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

状態 タイプ 説明
activityState 文字列

デバイスが有効で、ユーザーが積極的にデバイスを操作しているかどうかを示します。

サポートされている値:

INACTIVE
STANDBY
ACTIVE
playbackState 文字列

メディアを再生する際の現在の状態を示します。

サポートされている値:

PAUSED
PLAYING
FAST_FORWARDING
REWINDING
BUFFERING
STOPPED

アクティビティと再生状態の両方をレポートするメディア デバイス

{
  "activityState": "ACTIVE",
  "playbackState": "PAUSED"
}

デバイスのコマンド

なし

デバイスエラー

エラーと例外のリストをご覧ください。