Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

スマートホームの EnergyStorage トレイトのスキーマ

action.devices.traits.EnergyStorage - このトレイトは、バッテリーをエネルギーとして蓄えて再充電できるデバイス、または別のデバイスを充電できるデバイスに使用します。

デバイスの属性

この特性を持つデバイスは、SYNC オペレーションの一部として次の属性を報告する可能性があります。SYNC インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

属性 タイプ 説明
queryOnlyEnergyStorage ブール値

必須。

このデバイスが、保存されたエネルギー レベルと、有効な充電状態(isRechargeable 属性に依存)に関するクエリのみをサポートするが、充電の開始と停止はサポートしない場合は true。

energyStorageDistanceUnitForUX 文字列

(デフォルト: "KILOMETERS"

ユーザーへのレスポンスで使用されます。

サポートされている値:

KILOMETERS
MILES
isRechargeable ブール値

(デフォルト: false

このデバイスが充電式の場合は true に設定します。これは、デバイスが capacityUntilFullisCharging、および任意で isPluggedIn の状態をレポートし、Charge コマンドを受け入れる可能性があることを示します。

充電式デバイス

{
  "isRechargeable": true,
  "queryOnlyEnergyStorage": false
}

現在の充電レベルをマイルで表示する充電式デバイス

{
  "isRechargeable": true,
  "energyStorageDistanceUnitForUX": "MILES",
  "queryOnlyEnergyStorage": false
}

現在の充電レベルをレポートできるのは、充電できないデバイスのみである

{
  "isRechargeable": false,
  "queryOnlyEnergyStorage": true
}

デバイスのステータス

この特性を持つデバイスは、QUERY オペレーションの一部として次の状態をレポートできます。QUERY インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

状態 タイプ 説明
descriptiveCapacityRemaining 文字列

必須。

エネルギー容量レベルを定性的に説明したものです。これは、数値のデータ容量がない場合に使用されます。数値容量のデータも利用できる場合は、可能であれば記述データよりもデータが優先されます。

サポートされている値:

CRITICALLY_LOW
LOW
MEDIUM
HIGH
FULL
capacityRemaining 配列

デバイスが現在保持しているエネルギー容量に関する情報を保持するユニットと値のペアの配列。例:現在の<device>のまたはマイルは何歩ですか

[item, ...] オブジェクト

ユニットと値のペアの残りの容量。

rawValue Integer

必須。

容量の値。

unit 文字列

必須。

容量の単位。

サポートされている値:

SECONDS
MILES
KILOMETERS
PERCENTAGE
KILOWATT_HOURS
capacityUntilFull 配列

デバイスが完全に充電されるまでの容量に関する情報を保持するユニットと値のペアの配列。(例: <デバイス> が完全に充電されるまでの時間)。

[item, ...] オブジェクト

充電されるまでの容量。

rawValue Integer

必須。

容量の値。

unit 文字列

必須。

容量の単位。

サポートされている値:

SECONDS
MILES
KILOMETERS
PERCENTAGE
KILOWATT_HOURS
isCharging ブール値

デバイスが現在充電中かどうか。

isPluggedIn ブール値

デバイスが現在コンセントにつながれているかどうか。デバイスを電源に接続することはできますが、アクティブに充電することはできません。

充電式デバイス

{
  "descriptiveCapacityRemaining": "HIGH",
  "capacityRemaining": [
    {
      "rawValue": 36000,
      "unit": "SECONDS"
    },
    {
      "rawValue": 90,
      "unit": "PERCENTAGE"
    }
  ],
  "capacityUntilFull": [
    {
      "rawValue": 120,
      "unit": "SECONDS"
    }
  ],
  "isCharging": true,
  "isPluggedIn": true
}

現在の充電レベルをマイルで表示する充電式デバイス

{
  "descriptiveCapacityRemaining": "CRITICALLY_LOW",
  "capacityRemaining": [
    {
      "rawValue": 12,
      "unit": "MILES"
    }
  ],
  "capacityUntilFull": [
    {
      "rawValue": 6000,
      "unit": "SECONDS"
    }
  ],
  "isCharging": true,
  "isPluggedIn": true
}

現在の充電レベルをレポートすることのみをサポートする充電不可能なデバイス

{
  "descriptiveCapacityRemaining": "LOW"
}

デバイスのコマンド

この特性を持つデバイスは、EXECUTE オペレーションの一部として次のコマンドに応答できます。EXECUTE インテントの処理の詳細については、インテント フルフィルメントをご覧ください。

action.devices.commands.Charge

充電を開始または停止します。

このコマンドには次の属性が必要です。
{
  "isRechargeable": true
}

パラメータ

パラメータ タイプ 説明
charge ブール値

必須。

充電を開始する場合は true、充電を停止する場合は false。

充電を開始

{
  "command": "action.devices.commands.Charge",
  "params": {
    "charge": true
  }
}

充電コマンドを停止

{
  "command": "action.devices.commands.Charge",
  "params": {
    "charge": false
  }
}

デバイスエラー

エラーと例外のリストをご覧ください。

deviceUnplugged: コンセントにつながれていないデバイスを充電しようとしました。