Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

スマートホームの Dock トレイトのスキーマ

action.devices.traits.Dock - このトレイトは、充電のために返却するよう指示できるセルフモバイル デバイス用です。

それらの大部分はロボット掃除機ですが、ドローン、配達ロボット、その他の将来のデバイスにも適用されます。

デバイスの属性

なし

デバイスのステータス

このトレイトを持つデバイスは、QUERY オペレーションの一環として次の状態をレポートできます。QUERY インテントの処理の詳細については、インテントのフルフィルメントをご覧ください。

状態 タイプ 説明
isDocked ブール値

必須。

デバイスがドッキング ステーションに接続されているかどうか。

デバイスはドッキングしていますか?

{
  "isDocked": true
}

デバイスのコマンド

このトレイトを持つデバイスは、EXECUTE オペレーションの一環として次のコマンドに応答できます。EXECUTE インテントの処理の詳細については、インテントのフルフィルメントをご覧ください。

action.devices.commands.Dock

デバイスをドッキングします。

パラメータ

パラメータ タイプ 説明

プロパティがありません

デバイスをドッキングする。

{
  "command": "action.devices.commands.Dock",
  "params": {}
}

サンプル音声

de-DE

  • Staubsauger andocken

en-US

  • バキューム

es-ES

  • envía el robots a a base

fr-FR

  • remets l'aspirateur robots sur sa base

デバイスエラー

エラーと例外の完全なリストをご覧ください。