Google Home Developer Center へようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学習できます。注: アクションの構築は、引き続き Actions Console で行います。

スマートホーム窓ガイド

action.devices.types.WINDOW - 窓の開閉は可能で、オプションとして異なる方向に開くこともできます。また、ロックとロック解除を行うこともできます。

タイプがウィンドウ アイコンと、関連する類義語とエイリアスを持つことを示します。

デバイスの機能

サービスがサポートする属性や状態、EXECUTE レスポンスと QUERY レスポンスの構築方法など、実装の詳細については、対応するトレイトのドキュメントをご覧ください。

必要な特性

これらのトレイトとコマンドは、お使いのデバイスに必須です。デバイスがこれらのトレイトをサポートしていない場合は、クエリまたは EXECUTE のレスポンスに functionNotSupported のエラーコードを入力します。詳細については、エラーと例外をご覧ください。

これらのトレイトは、お客様のデバイスに該当する場合におすすめです。 ただし、既存のプロダクトの機能に合わせて、使用可能なすべてのトレイトを自由に組み合わせて使用できます。

品質要件

  • レイテンシ: 2,500 ミリ秒以下
  • 信頼性: 97% 以上を指定します。

デバイスの例: 単純なウィンドウ

このセクションでは、上記のデバイスタイプとトレイトに基づく、一般的な「ウィンドウ」を表すインテント ペイロードの例について説明します。実装でトレイトを追加または削除する場合は、その変更を反映するようにレスポンスを変更します。

SYNC レスポンスの例

リクエスト
{
  "requestId": "6894439706274654512",
  "inputs": [
    {
      "intent": "action.devices.SYNC"
    }
  ]
}
レスポンス
{
  "requestId": "6894439706274654512",
  "payload": {
    "agentUserId": "user123",
    "devices": [
      {
        "id": "123",
        "type": "action.devices.types.WINDOW",
        "traits": [
          "action.devices.traits.LockUnlock",
          "action.devices.traits.OpenClose"
        ],
        "name": {
          "name": "Simple window"
        },
        "willReportState": true,
        "deviceInfo": {
          "manufacturer": "smart-home-inc",
          "model": "hs1234",
          "hwVersion": "3.2",
          "swVersion": "11.4"
        }
      }
    ]
  }
}

QUERY レスポンスの例

リクエスト
{
  "requestId": "6894439706274654514",
  "inputs": [
    {
      "intent": "action.devices.QUERY",
      "payload": {
        "devices": [
          {
            "id": "123"
          }
        ]
      }
    }
  ]
}
レスポンス
{
  "requestId": "6894439706274654514",
  "payload": {
    "devices": {
      "123": {
        "status": "SUCCESS",
        "online": true,
        "openPercent": 0,
        "isLocked": true,
        "isJammed": false
      }
    }
  }
}

EXECUTE コマンドの例

LockUnlock

コマンド パラメータの詳細については、 action.devices.traits.LockUnlock リファレンスをご覧ください。

リクエスト
{
  "requestId": "6894439706274654516",
  "inputs": [
    {
      "intent": "action.devices.EXECUTE",
      "payload": {
        "commands": [
          {
            "devices": [
              {
                "id": "123"
              }
            ],
            "execution": [
              {
                "command": "action.devices.commands.LockUnlock",
                "params": {
                  "lock": true
                }
              }
            ]
          }
        ]
      }
    }
  ]
}
レスポンス
{
  "requestId": "6894439706274654516",
  "payload": {
    "commands": [
      {
        "ids": [
          "123"
        ],
        "status": "SUCCESS",
        "states": {
          "online": true,
          "isLocked": true,
          "isJammed": false
        }
      }
    ]
  }
}

OpenClose

コマンド パラメータの詳細については、 action.devices.traits.OpenClose リファレンスをご覧ください。

リクエスト
{
  "requestId": "6894439706274654518",
  "inputs": [
    {
      "intent": "action.devices.EXECUTE",
      "payload": {
        "commands": [
          {
            "devices": [
              {
                "id": "123"
              }
            ],
            "execution": [
              {
                "command": "action.devices.commands.OpenClose",
                "params": {
                  "openPercent": 100
                }
              }
            ]
          }
        ]
      }
    }
  ]
}
レスポンス
{
  "requestId": "6894439706274654518",
  "payload": {
    "commands": [
      {
        "ids": [
          "123"
        ],
        "status": "SUCCESS",
        "states": {
          "online": true,
          "openPercent": 100
        }
      }
    ]
  }
}

デバイスエラー

エラーと例外の全一覧をご覧ください。