Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

スマートホーム給湯器ガイド

action.devices.types.WATERHEATER - 給湯器は、水を加熱するためのデバイスです。オンとオフの切り替えや水温の調整を行えます。

このタイプのデバイスは、給湯器アイコンと関連する類義語やエイリアスを示します。

デバイスの機能

サービスがサポートする属性や状態、EXECUTE レスポンスや QUERY レスポンスの作成方法など、実装の詳細については、対応するトレイトのドキュメントをご覧ください。

必要なトレイト

これらのトレイトとコマンドは、デバイスに応じて必要です。

これらのトレイトは、お使いのデバイスに推奨されます(推奨)。ただし、既存のプロダクトの機能に合わせて、利用可能なすべてのトレイトを自由に組み合わせてマッチングできます。

品質要件

  • レイテンシ: 800 ミリ秒以下でなければなりません。
  • 信頼性: 97% 以上である必要があります。

デバイスの例: シンプルな給湯器

このセクションでは、上記のデバイスタイプとトレイトに基づく一般的な「給湯器」を表すインテント ペイロードの例について説明します。実装でトレイトを追加または削除する場合は、その変更を反映するようにレスポンスを修正してください。

SYNC レスポンスの例

リクエスト
{
  "requestId": "6894439706274654512",
  "inputs": [
    {
      "intent": "action.devices.SYNC"
    }
  ]
}
レスポンス
{
  "requestId": "6894439706274654512",
  "payload": {
    "agentUserId": "user123",
    "devices": [
      {
        "id": "123",
        "type": "action.devices.types.WATERHEATER",
        "traits": [
          "action.devices.traits.TemperatureControl",
          "action.devices.traits.OnOff"
        ],
        "name": {
          "name": "Simple water heater"
        },
        "willReportState": true,
        "attributes": {
          "temperatureRange": {
            "minThresholdCelsius": 25,
            "maxThresholdCelsius": 100
          },
          "temperatureUnitForUX": "F"
        },
        "deviceInfo": {
          "manufacturer": "smart-home-inc",
          "model": "hs1234",
          "hwVersion": "3.2",
          "swVersion": "11.4"
        }
      }
    ]
  }
}

QUERY レスポンスの例

リクエスト
{
  "requestId": "6894439706274654514",
  "inputs": [
    {
      "intent": "action.devices.QUERY",
      "payload": {
        "devices": [
          {
            "id": "123"
          }
        ]
      }
    }
  ]
}
レスポンス
{
  "requestId": "6894439706274654514",
  "payload": {
    "devices": {
      "123": {
        "status": "SUCCESS",
        "online": true,
        "on": false,
        "temperatureSetpointCelsius": 30
      }
    }
  }
}

EXECUTE コマンドの例

SetTemperature

コマンド パラメータの詳細については、action.devices.traits.TemperatureControl リファレンスをご覧ください。

リクエスト
{
  "requestId": "6894439706274654516",
  "inputs": [
    {
      "intent": "action.devices.EXECUTE",
      "payload": {
        "commands": [
          {
            "devices": [
              {
                "id": "123"
              }
            ],
            "execution": [
              {
                "command": "action.devices.commands.SetTemperature",
                "params": {
                  "temperature": 45
                }
              }
            ]
          }
        ]
      }
    }
  ]
}
レスポンス
{
  "requestId": "6894439706274654516",
  "payload": {
    "commands": [
      {
        "ids": [
          "123"
        ],
        "status": "SUCCESS",
        "states": {
          "online": true,
          "temperatureSetpointCelsius": 45
        }
      }
    ]
  }
}

オフ

コマンド パラメータの詳細については、action.devices.traits.OnOff リファレンスをご覧ください。

リクエスト
{
  "requestId": "6894439706274654518",
  "inputs": [
    {
      "intent": "action.devices.EXECUTE",
      "payload": {
        "commands": [
          {
            "devices": [
              {
                "id": "123"
              }
            ],
            "execution": [
              {
                "command": "action.devices.commands.OnOff",
                "params": {
                  "on": true
                }
              }
            ]
          }
        ]
      }
    }
  ]
}
レスポンス
{
  "requestId": "6894439706274654518",
  "payload": {
    "commands": [
      {
        "ids": [
          "123"
        ],
        "status": "SUCCESS",
        "states": {
          "online": true,
          "on": true
        }
      }
    ]
  }
}

デバイスエラー

エラーと例外のリストをご覧ください。