Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。

Google Home テストスイート

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Home Test Suite is a web application that allows you to self-test your smart home Action. The Test Suite automatically generates and runs test cases based on the devices and traits associated with your account. When you complete the tests, you can view the test results or fill in the submission form to submit the test results to Google.

Test Suite で実行されるテストには次のようなものがあります(これらに限定されません)。

  • デバイスとトレイトに Report StateRequest Sync が実装されていることを確認します。

  • デバイスに QUERY インテントが実装されていること、その結果が Report State の結果と一致することを検証します。

下のボタンをクリックすると、Test Suite ツールを起動できます。

リリース Test Suite

アクションのセルフテスト

次のセクションでは、デバイスとスマートホーム アクション プロジェクトで Test Suite を実行する方法について説明します。 Test Suite では、Google Home Graph and send commands directly to Google Assistant . 内のデバイスを検査するためにログインする必要があります。

アクションをセルフテストする手順は次のとおりです。

  1. ウェブブラウザで Test Suite を開きます。
  2. 右上のボタンから Google にログインします。

  3. [Project Details](プロジェクトの詳細)を設定します。

    1. [Project ID] フィールドに、スマートホーム アクションのプロジェクト ID を入力します。
    2. [次へ] をクリックします。
  4. [Test Settings](テスト設定)を構成します。

    1. スマートホーム アクションを認定する場合は、デフォルトの Report State / Request Sync Timeout 値をそのまま使用します。ただし、エージェントがホームグラフに状態を報告するのに時間がかかる場合は、テスト目的でタイムアウト値を変更できます。
    2. スマートホーム アクションを認定する場合は、[Test Request Sync](Request Sync のテスト)オプションが有効になっていることを確認します。テスト中は、デバイスを追加、更新、削除して、ホームグラフでデバイスリストが変更されたかどうかを確認するよう求めるメッセージが表示されます。変更アクションは、テスト対象の統合を通じて行います。テスト対象の統合には、エージェント ユーザーに 1 つ以上のデバイスが接続されている必要があります。

    3. Scene トレイトを使用する場合は、[Test Scene trait](Scene トレイトのテスト)を選択します。

    4. ローカルホーム デバイスのテストスイートを実行している場合は、[Supports Local Home SDK] を選択します。

      1. [Local Fulfillment] または [Seamless Setup] を選択します。
      2. デバイスが QUERY インテントをローカルで処理できる場合は、[ローカルクエリをサポート] をクリックします。
  5. [Test Run](テスト実行)を実行して結果を表示します。

    1. [Next] をクリックして、テストの実行を開始します。インターフェースにテスト対象のデバイスとトレイトが表示されます。
  6. [Results & Submission](結果と送信)ページを表示します。

    1. テストが完了したら、[Next] をクリックして結果を表示します。

テスト結果には、成功したテストと失敗したテストの件数、および成功率(%)を示す最終スコアが表示されます。

アカウントのリンクの検証テスト

アカウントのリンクは、Google スマートホーム エコシステムで重要な役割を果たします。Test Suite のアカウントのリンク検証テストでは、OAuth サービスにおいて潜在的な問題を確認します。

アカウントのリンクの検証テストには、アクセス トークン更新トークンを検証するテストが含まれています。

アクセス トークンの検証テスト

トークン交換エンドポイントから返されたアクセス トークンは、有効な形式であり、有効な更新トークンで返されるかどうかがテストされます。

テストアイテム 解説
アクセス トークンが JWT 形式かどうかを確認する Google アカウントのリンクでは、JWT 形式のアクセス トークンは推奨されません。JWT 形式が見つかると、次の警告が表示されます。The access token seems to be JWT, this is not good. Because it unnecessarily exposes information about partner implementation and we recommend opaque symmetric encrypted access token.
有効期限付きアクセス トークンに更新トークンがあることを確認します。 アクセス トークンが期限切れの場合は、更新トークンを指定する必要があります。更新トークンが見つからない場合、このテストは失敗します。

トークンの検証テストを更新

更新トークンがテストされ、トークン交換エンドポイントが新しいアクセス トークンと適切に交換できることを確認します。

テストアイテム 解説
無効な更新トークンを含む更新トークン。パートナーのレスポンスを確認します。 サーバーは、無効な更新トークン リクエストに対して {"error": "invalid_grant"} を含む HTTP 400 Bad Request エラーを返す必要があります。レスポンスが「エラーコードまたはメッセージ」と一致しない場合、このテストケースは失敗します。詳しくは、更新トークンをアクセス トークンと交換するをご覧ください。
トークンの更新後にアクセス トークンが更新されているかどうかをテストします。 更新トークンのリクエストに応じて、新しいアクセス トークンが返されます。サーバーが同じアクセス トークンを提供すると、テストケースは失敗します。
有効期限内のアクセス トークンがまだ有効かどうかを確認します。 アクセス トークンの有効期限が表示されます。
更新トークンが更新中にローテーションされたかどうかを確認します。 更新トークンのリクエスト後に更新トークンが変更されているかどうかを確認します。更新トークンが変更された場合、サーバーは、新しい更新トークンの使用後にのみ古い更新トークンを無効にする必要があります。これにより、ユーザーのアカウントのリンクが解除される可能性がある競合状態を防止できます。新しい更新トークンが使用される前に古い更新トークンを無効にすると、テストは失敗します。

エラー メッセージ

次の表は、一般的なエラー メッセージと、推奨される解決方法を示します。

エラー メッセージ 解決方法
HomeGraph API has not been used in project <_id_> before or it is disabled(HomeGraph API がこれまでプロジェクト <_id_> で使用されたことがないか、または無効になっています) HomeGraph API が有効になっていることを確認します。
Requested Entity not found(要求されたエンティティが見つかりません) agentUserId が有効であり、サービスにリンクされていることを確認します。
プロジェクト ${your project id}resourcemanager.projects.get 権限が付与されていて、同意画面ですべての権限が付与されていることをご確認ください。
  1. IAM 権限のトラブルシューティングの手順に沿って、アカウントにプロジェクトの resourcemanager.projects.get 権限が付与されていることを確認します。
  2. [アカウントにアクセスできるアプリ] ページに移動して、「スマートホーム用のテストスイート」に関する次の権限を確認してください。
    • アカウントの基本情報
      1. Google アカウントのメインのメールアドレスを表示する
      2. ユーザーの個人情報の表示(ユーザーが一般公開しているすべての個人情報を含む)
    • 追加のアクセス権
      1. Assistant を使用する: Google アカウントに幅広くアクセスできます
      2. ホームグラフでスマートホーム デバイスを検査して制御する
    ログインできなくなった場合は、先にアクセス権を削除してすべての権限を許可し、同意画面ですべてのログインを許可します。

テスト結果の送信

認定フォームを送信する前に、Test Suite の結果は 100% のテストに合格する必要があります。手動テストが必要なトレイトがある場合は、100% に合格していなくても、Test Suite ツールを実行してその結果を添付する必要があります。

テスト結果を送信し、スマートホーム アクションを認定する手順は次のとおりです。

  1. テスト結果を受け取り、スマートホーム アクションを認定する準備が整ったら、Test Suite ツールで [Submit] をクリックします。
  2. [DOWNLOAD TEST RESULTS](テスト結果のダウンロード)ボタンをクリックして、テスト結果を取得します。
  3. テスト結果を Google に送信するには、[GO TO SUBMISSION FORM](送信フォームに移動)をクリックします。
  4. すべての必須フィールドに入力してから、[Submit] をクリックします。