Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。

クラウドからの開発

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google は、SDK やツール、サンプルアプリを提供しており、簡単なスイッチを統合している場合でも、複雑な AV レシーバーを使用している場合でも、Cloud-to-cloud をすぐに開始できます。

これらのリソースは、デベロッパーがインフラストラクチャの開発に力を注ぎながら、能力開発の開発に専念できるようにすることを目的としています。

サンプルとライブラリ

開発フェーズ

Google のエンドツーエンドのサンプルは、独自の統合を開始する際に、または新しいサンプルを作成する方法を説明するために使用できます。HomeGraph API クライアント ライブラリはさまざまな言語で利用できます。

サンプル クライアント ライブラリ

ツール

VS Code 用 Google Home 拡張機能

開発フェーズ

Google Home Extension for Visual Studio Code を使用すると、Google Home のクラウドを直接操作できます。たとえば、「電球をつけて」などのコマンドを入力すると、Google Assistant がクラウドでリクエストを処理し、そのコマンドをデバイスに送信します。

この拡張機能は、開発フェーズで次の場合に使用します。

  • Google Home に統合された Cloud-to-cloud デバイスをテストします。

  • Google Cloud のログをリアルタイムで表示して問題を特定し、双方向に流れるすべての通信を確認します。重大度と期間でフィルタします。

  • ログメッセージの JSON コンテンツを検査します。

  • Assistant コマンドをスクリプト形式で発行することで、再現可能な方法で迅速にテストできます。

SYNC データ検証ツール

開発フェーズ

SYNC データ検証ツールを使用して、統合から SYNC レスポンスの形式を検証することをおすすめします。これにより、後のテストプロセスでエラーが軽減されます。

Google Home Playground

開発フェーズ

Google Home Playground は、実機を使用した開発を行う前に、Google Home エコシステムでデバイスタイプをシミュレートするのに便利です。

開発フェーズで使用します。

  • 仮想デバイスを作成して、Google Home app (GHA) で使用するトレイトを設定します。
  • デバイスがホームグラフにどのように表示されるかを確認します。
  • デバイスの二次的なユーザー確認をテストします。

Google Home テストスイート

テストフェーズ

Google Home Test Suite を使用してスマートホーム統合をテストし、Google Home エコシステムの認定とリリース要件を満たしていることを確認します。

ホームグラフ ビューア

テストフェーズ

Google Home Graph は、特定のユーザーのホームグラフでデバイスの状態を確認するために使用されます。API を使用せずにホームグラフをすばやく検証できます。