Matter 限定公開ベータ版プログラムに申し込み、Google Home Developer Console で Matter デバイスやアプリの開発を開始します。今すぐ申し込む
Google Home Device SDK のヒーロー画像
作成方法
デバイス メーカー向けのデベロッパー ツールを使用して、Matter デバイスを迅速かつ確実にビルドできます。
Google Home SDK や Google との統合ツールを使用して、Matter デバイスを簡単かつ高品質で作成する方法について学習します。

概要

オープンソースの Matter SDK を拡張して、Google のインテリジェンスで迅速に構築、イノベーションを行うための API とツール。
他の Matter プラットフォームとの相互運用性を保ちつつ、Google TV を利用してデバイスの製品化までの時間を短縮し、信頼性を高め、差別化を図ります。
VS Code 用の Google Home 拡張機能、インテリジェンス クラスタ(EAP)、Matter Virtual Device(EAP)のほか、Google Home Playground などのテストツールを使用して開発を行い、統合を検証します。

ツールと API

Google アシスタント シミュレータや Cloud Logging などのツールを利用すると、スマートホームの開発プロセスを簡素化できます。
設定可能なデバイスタイプとトレイトで仮想的な家をシミュレートし、スマートホーム プロジェクトをシミュレートします。
このウェブアプリを使用すると、ホームグラフに保存されているコンテキスト データを確認し、スマートホーム アクションをデバッグできます。アクセスにサービス アカウント キーは必要ありません。
在宅/外出モードを使用すると、Matter プロトコルを介してデバイスに新しい機能を導入できます。
Android の Google Home アプリを使用して、Matter のテストデバイスと Google デバイスをペア設定してください。
Google Home の最新ニュース、機能、要件に関する最新情報をお届けします