Google Home デベロッパー センターにようこそ。スマートホーム アクションの開発方法を学ぶことができます。注: アクションの作成は、引き続き Actions Console で行います。

クラウドからの開発

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google は、単純なスイッチも複雑な AV レシーバーも、Cloud-to-cloud ジャーニーを迅速に開始するための SDK、ツール、サンプルアプリを提供しています。

これらのリソースは、デベロッパーがインフラストラクチャへの対応に費やす労力を減らしながら、能力開発に集中できるようにするためのものです。

サンプルとライブラリ

開発フェーズ

Google のエンドツーエンドのサンプルは、独自の統合の出発点として、または新しいサンプルを作成する最適な方法として使用できます。また、Google Home Graph API クライアント ライブラリはさまざまな言語で利用できます。

サンプル クライアント ライブラリ

ツール

VS Code 用 Google Home 拡張機能

開発フェーズ

Google Home Extension for Visual Studio Code を使用すると、Google Home エコシステムを直接操作できます。たとえば、「電球をオンにして」などのコマンドを入力すると、Google Assistant がクラウドでリクエストを処理し、そのコマンドをデバイスに送信します。

この拡張機能は、開発フェーズで次の目的で使用します。

  • Google Home に統合された Cloud-to-cloud デバイスをテストします。

  • Google Cloud のログをリアルタイムで表示して、両方向の通信すべてを監視することで問題を特定します。重要度と期間でフィルタします。

  • ログ メッセージの JSON コンテンツを検査します。

  • スクリプト形式の Assistant コマンドを発行すると、繰り返し可能な方法で迅速にテストを行うことができます。

SYNC データ検証ツール

開発フェーズ

統合からの SYNC レスポンスの形式を検証するには、SYNC データ バリデータを使用することをおすすめします。これにより、テストプロセスの後半でエラーが軽減されます。

Google Home Playground

開発フェーズ

Google Home Playground は、実機を使用して開発を完了する前に Google Home エコシステムでデバイスタイプをシミュレートする場合に便利です。

開発フェーズで以下の目的で使用します。

  • 仮想デバイスを作成して、Google Home app (GHA) で使用するトレイトを設定します。
  • Home Graph でデバイスがどのように表示されるかを確認します。
  • デバイスの二次的なユーザー確認をテストします。

Google Home テストスイート

テストフェーズ

Google Home Test Suite を使用してスマートホームの統合をテストし、Google Home エコシステムの認証とリリースの要件を満たしていることを確認します。

ホームグラフ ビューア

テストフェーズ

Google Home Graph は、特定のユーザーの Home Graph にあるデバイスの状態を確認するために使用されます。API を直接使用せずに Home Graph を確認する簡単な方法です。