Matter 限定公開ベータ版プログラムに申し込み、Google Home Developer Console で Matter デバイスやアプリの開発を開始します。今すぐ申し込む
Local Home SDK のヒーロー画像
作成方法
スマートホーム インテントをルーティングするローカル フルフィルメント パスを追加することで、クラウドと Google アシスタントの統合を強化できます。

概要

Local Home SDK は、クラウド統合へのローカルパスを追加するため、デバイス制御の応答性と信頼性が向上します。
TypeScript または JavaScript を使用して、スマートホーム ビジネス ロジックを管理するローカル フルフィルメント アプリを作成します。
Local Home SDK を使用すると、レイテンシの短縮や信頼性の向上など、スマートホーム アクションのパフォーマンスが向上します。
ローカル フルフィルメントは、二次的なユーザー確認を使用するものを除き、すべてのデバイスタイプとデバイス トレイトに対応しています。
Google アシスタントが Local Home SDK リクエストを実行する様子を示す図。
Building with Google Home の認定プロセスを示すイラスト。

デベロッパー ツール

スマートホームの統合をテストし、Google のスマートホーム エコシステムのリリース要件を満たしていることを確認します。
Google アシスタント シミュレータや Cloud Logging などのツールを利用すると、スマートホームの開発プロセスを簡素化できます。
設定可能なデバイスタイプとトレイトで仮想的な家をシミュレートし、スマートホーム プロジェクトをシミュレートします。

チュートリアル

Local Home SDK の背景にある概念を理解します。
既存のスマートホーム アクションのローカル フルフィルメントを開発してテストする方法を学びます。
Google Home の最新ニュース、機能、要件に関する最新情報をお届けします