コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
クラウド間のヒーロー画像
作成方法
ユーザーが Google Home アプリと Google アシスタントを使用してクラウド接続デバイスを制御できるようにします。ローカル制御パスを追加して信頼性を高めます。

始める

プロジェクトを開始するために必要なリソース(タイムラインやチェックリストなど)
始める
Google スマートホームは、認証コード フローを使用した OAuth のみに対応しています。
始める
デベロッパー プロジェクトを作成し、いずれかのサンプルを使用してすぐに始められます。
始める
スマートホーム インテントを処理し、Google アシスタントが認識するレスポンスを返します。
始める
スマートホーム アクションをリリースするプロセスの概要。

概要

Google Cloud は Google との最も柔軟な統合機能で、現在 Matter でサポートされていないデバイスを含め、80 種類を超えるデバイスをサポートしています。
クラウド間は、Nest スピーカー、ディスプレイ、Wi-Fi などの Matter コントローラがなくても、新しいスマートホーム ユーザーでも自宅でもリモートでも操作できます。
Matter デバイスを構築しているデベロッパーの場合、クラウド間は、ローカル コントローラの有無にかかわらず、シームレスなフォールバックとして機能します。
クラウドから Google アシスタントへのリクエストの実行を示すイラスト
毎日、何百万人ものユーザーが Google アシスタントを利用しています。アプリやコンテンツが目的にどのように役立つかをご覧ください。
アクションの機能を宣伝してアピールし、アクションについてユーザーが知っておくべきあらゆる情報を提供しましょう。
「Works with OK Google」のバッジが付いているデバイスは、堅牢な機能と安全で信頼性が高く、シームレスなユーザー エクスペリエンスを提供するものです。
お使いのデバイスが Google に対応していることをユーザーが確認できるようにします。また、アカウントのリンクを簡単に行えるようにします。
ユーザーが Google Home アプリで Google 統合を簡単に見つけられるようにします。
パスワード不要の迅速なアカウントのリンクを有効にします。
Building with Google Home の認定プロセスを示すイラスト。

デベロッパー ツール

スマートホームの統合をテストし、Google のスマートホーム エコシステムのリリース要件を満たしていることを確認します。
Google アシスタント シミュレータや Cloud Logging などのツールを利用すると、スマートホームの開発プロセスを簡素化できます。
設定可能なデバイスタイプとトレイトで仮想的な家をシミュレートし、スマートホーム プロジェクトをシミュレートします。

リソース

チュートリアル
ユーザーが接続し、利用可能なスマートホーム デバイスのリストをリクエストします。
ドキュメント
Google の技術プロダクトに関する実践的なチュートリアルをご覧ください。
ドキュメント
ユーザーのデバイスの最新ステータスを Google のホームグラフにプロアクティブに報告する方法について学びます。
Google Home の最新ニュース、機能、要件に関する最新情報をお届けします