Realtek

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アメバ D

この例は、オン/オフ機能を備えた電球デバイスタイプとして機能します。 手順は Ameba D ボードで検証されました。

初期設定

  1. Ameba SDK のクローンを作成して、v1.0-branch を確認します。
    mkdir ameba_matter
    cd ameba_matter
    git clone -b v1.0-branch https://github.com/pankore/ambd_sdk_with_chip_non_NDA.git
  2. connectedhomeip リポジトリのクローンを作成し、Ameba SDK 用の特定の SHA をチェックアウトします。
    git clone https://github.com/project-chip/connectedhomeip.git
    cd connectedhomeip
    git switch v1.0-branch

イメージをビルドする

  1. フォルダ構造が次のようになっていることを確認します。
    ameba_matter/
    ├── ambd_sdk_with_chip_non_NDA
    └── connectedhomeip
  2. connectedhomeip リポジトリを初期化します。
    git submodule update --init --recursive
    source scripts/activate.sh
  3. lighting-app を作成する
    $PWD/../ambd_sdk_with_chip_non_NDA/project/realtek_amebaD_va0_example/GCC-RELEASE/build.sh $PWD ninja $PWD/out lighting-app
    cd out ; ninja
    1. ビルドの出力は次の場所にあります。
      connectedhomeip/out/asdk/image/km0_km4_image2.bin

ボードをフラッシュする

図に示すように Ameba D ハードウェアをセットアップします。

イメージ

  1. コンピュータの適切な ImageTool ディレクトリに移動します。ImageTool は、サンプルをボードに書き込むために使用されます。ImageTool のすべてのバージョンは ambd_sdk_with_chip_non_NDA/tools/AmebaD/ にあります。
    OS ImageTool の場所
    Linux /Image_Tool_Linux/AmebaD_ImageTool
    macOS 10.X /Image_Tool_MacOS/MacOS_v10/Ameba_1-10_MP_ImageTool_MacOS
    macOS 11 /Image_Tool_MacOS/MacOS_v11/Ameba_1-10_MP_ImageTool_MacOS11
  2. Linux の場合は /Image_Tool_Linux/AmebaD_ImageTool ディレクトリに移動します。
    cd ../../ambd_sdk_with_chip_non_NDA/tools/AmebaD/Image_Tool_Linux/
    1. 必要に応じて、ツールの権限を変更します。たとえば、Linux の場合は
      chmod +x AmebaD_ImageTool
      を使用します。
    2. ツールの使用状況を確認します。
      ./AmebaD_ImageTool -help
  3. 画像を Ameba D ボードにフラッシュします。Micro-B USB をボードに接続し、反対側を PC に接続します。UART ポートを確認し、UART ポートが /dev/ttyUSB0 に割り当てられていない場合は変更します。
    ./AmebaD_ImageTool -add device /dev/ttyUSB0
    command finish
    total device to add 1
    /dev/ttyUSB0 existed
  4. 先ほどビルドした 3 つの Ameba D イメージを現在のディレクトリ(ImageTool がある場所)にコピーします。
    cp ../../../../connectedhomeip/out/asdk/bootloader/km0_boot_all.bin ./
    cp ../../../../connectedhomeip/out/asdk/bootloader/km4_boot_all.bin ./
    cp ../../../../connectedhomeip/out/asdk/image/km0_km4_image2.bin ./
  5. 3 つの画像を組み合わせて Image_all.bin を生成します。
    ./AmebaD_ImageTool -combine km0_boot_all.bin 0x0000 km4_boot_all.bin 0x4000 km0_km4_image2.bin 0x6000
    command finish
    Combine Image Success
  6. 最後の設定が完了していることを確認します。
    ./AmebaD_ImageTool -show
    command finish
    Current Settings
    CPU      : AmebaD
    UART     : 1500000 bps parity:N flow control:False
    FW NAME  : Image_All.bin
    FW ADDR  : 0x08000000
    FW LEN   : 0
    OPTS     : keep data    :   True
           keep wifi cal:   True
           verification :   False
           reset device :   False
           factory mode :   False
           save log     :   True
    Port Settings
    PORT 0: active:True device:/dev/ttyUSB0
    PORT 1: active:False device:NONE
    PORT 2: active:False device:NONE
    PORT 3: active:False device:NONE
    PORT 4: active:False device:NONE
    PORT 5: active:False device:NONE
    PORT 6: active:False device:NONE
    PORT 7: active:False device:NONE
    PORT 8: active:False device:NONE
    PORT 9: active:False device:NONE
  7. Ameba D ボードで、UART_Downloads ボタンを長押しして RESET ボタンを押してから、UART_Downloads ボタンを離してダウンロード モードに入ります。
  8. イメージを Ameba D ボードにフラッシュします。
    ./AmebaD_ImageTool -download
    log file = log_2021_11_15_23_42_10.txt
    [100, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0]command finish
    
    status: ['OK 53.0s', 'Check PORT', 'Off', 'Off', 'Off', 'Off', 'Off', 'Off', 'Off', 'Off']
    close log file

ボードをリセットする

  1. ボードの RESET ボタンを押してシステムを再起動します。
  2. minicom または screen を使用して、ボードでシリアル コンソールを開きます。たとえば、デバイスが /dev/ttyUSB0 にある場合:
    screen /dev/ttyUSB0 115200
  3. Ameba D ボードをペア設定したことがある場合は、出荷時の設定にリセットしてから続行することをおすすめします。これを行うには、コンソールに「ATS#」と入力します。
    #
    ATS#
    xPortGetTotalHeapSize = 204800
    xPortGetFreeHeapSize = 104512
    xPortGetMinimumEverFreeHeapSize = 98176
    _[dct_init_valid_module]: erase flash address 0x001ec00

LED の配線

ボードを使用して LED を点灯する場合は、LED の長脚(プラスの脚)を B5 に接続し、LED の短い脚(負の脚)を GND に接続します。LED に抵抗が内蔵されていない場合は、LED と B5 の間に 220 オームの抵抗を接続する必要があります。

イメージ

次のステップ

Matter サンプルが正常にビルドされたら、デベロッパー プロジェクトを作成します。